読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

noikaのブログ

日常で起こったことや感想を書いたブログです。

【さいたまトリエンナーレ2016】に行ってきました (2)

↓前の記事の続きです。

【さいたまトリエンナーレ2016】に行ってきました (1)

 

普段は現代アートとなじみのない生活を送っているので、

たまには好奇心の赴くまま出かけるのも、

いいものだな~と思った1日でした。

特にインスタレーションは、その場で発見・体感する楽しさが

あるかと思うので、またこういう機会があれば

行ってみようと思いました。

 

少ないのですが写真を撮ってきたので、簡単にご紹介します。

※敬称略で失礼します。

◎マテイ・アンドラシュ・ヴォグリンチッチ

<<無題(枕)>>

f:id:noika:20161204222236j:plain

会場に着いてすぐに広がるたくさんの枕。

雨の日はどうなってしまうのか、少し気になりました。

 

ウィスット・ポンニミット

<<未来はプレゼント>>

f:id:noika:20161204223323j:plain f:id:noika:20161204223410j:plain

     f:id:noika:20161204223419j:plain

マムアンちゃん(←女の子の名前)が可愛いです!

かわいくて暖かいイラストでした。

 

多和田葉子

<<白熊の部屋>>

f:id:noika:20161204224103j:plain f:id:noika:20161204224113j:plain

f:id:noika:20161204224131j:plain

このインスタレーションも引き込まれました。

棚にある本全てが...

f:id:noika:20161204224301j:plain

多和田葉子さんの『雪の練習生』なのです。

 

f:id:noika:20161204224425j:plain

英語版のペーパーバックもありました。

f:id:noika:20161204224537j:plain

しかも、↑のようフセンが貼ってあったり、

メモが書き込まれていたり、線が引いてあったり、

全く書き込みがなかったりと...

1冊ごとに異なる読者の”読み跡”を体感することが出来ます。

人によって本との接し方が違うのだなぁと、

なんだかワクワクしました。

 

◎日本相撲聞芸術作曲家協議会 JACSHA

<<相撲聞芸術研究室>>

f:id:noika:20161204230048j:plain

 展示の仕方がユニークで、面白いな~と思いました。

土俵を近くで見るのは初めてでした。

 

noika